このページにある内容は,こちらのスライド(会員向け)でわかり易く説明しています.

高校数学ノート

数学Ⅲ 第4章 複素平面

スライド↓       ノート↓
1.複素平面 無料        【ノート
2.複素数が表す図形 無料    【ノート
3.極形式             【ノート
4.ド・モアブルの定理       【ノート
5.複素数と図形          【ノート

※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.

3. 極形式

3.1 極形式とは

 複素平面上の点 $z$ を,Oからの距離 $r$ と,実軸の正の向きからの角 $\theta$ で表すことを考える:

 図より, \[z=r\cos\theta+i\,r\sin\theta\] \[\therefore z=r(\cos\theta+i\sin\theta)\]  複素数のこのような表し方を極形式という.

極形式 \[ z=r(\cos\theta +i\sin\theta)\]

 このときの角 $\theta$ を偏角といい,${\rm arg}\,z$ で表す.

\[ r=|z|,\ \ \theta ={\rm arg}\, z \]

補足

 例えば,${\rm arg}\,(1-i)$ は $\dfrac 74\pi$ でも $-\dfrac\pi4$ でもよい.つまり,$2\pi$ の整数倍の差がある2つを同一視する.
 ${\rm arg}\,z_1={\rm arg}\,z_2$ というときは,$2\pi$ の整数倍の違いを無視して一致することを意味する.

 $z=1+i$ のとき,$|z|=\sqrt2$,${\rm arg}\,z=\dfrac\pi4$ により, \[z=\sqrt2\left(\cos\frac\pi4+i\sin\frac\pi4\right)\]

定理 $z$ が実数  $\iff$「${\rm arg}\ z=0$ or $\pi$」又は $z=0$
 $z$ が純虚数 $\iff$ ${\rm arg}\ z=\dfrac\pi 2$ or $\dfrac 32\pi$

3.2 複素数の乗法・除法

 $z_1=r_1(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)$,$z_2=r_2(\cos\theta_2+i\sin\theta_2)$ とすると,

\[\begin{align*} z_1z_2&=r_1r_2(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)(\cos\theta_2+i\sin\theta_2)\\[5pt] &=r_1r_2\{\cos\theta_1\cos\theta_2-\sin\theta_1\sin\theta_2)\\ &\hspace{15mm}+i(\sin\theta_1\cos\theta_2-\cos\theta_1\sin\theta_2)\}\\[5pt] &=r_1r_2\{\cos(\theta_1+\theta_2)+i\sin(\theta_1+\theta_2)\} \end{align*}\]

であるから,

\[\begin{align*} |z_1z_2|&=|r_1r_2|\sqrt{\cos^2(\theta_1+\theta_2)+\sin^2(\theta_1+\theta_2)}\\[5pt] &=|r_1||r_2|\\[5pt] &=|z_1||z_2|\\[8pt] {\rm arg}\,(z_1z_2)&={\rm arg}z_1+{\rm arg}z_2 \end{align*}\]

 同様に,

\[\begin{align*} \frac{z_1}{z_2}&=\frac{r_1(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)}{r_2(\cos\theta_2+i\sin\theta_2)}\\[5pt] &=\frac{r_1}{r_2}\cdot\frac{(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)(\cos\theta_2-i\sin\theta_2)}{(\cos\theta_2+i\sin\theta_2)(\cos\theta_2-i\sin\theta_2)}\\[5pt] &=\frac{r_1}{r_2}\cdot\frac {(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)(\cos\theta_2-i\sin\theta_2)}1\\[5pt] &=\frac{r_1}{r_2}\cdot(\cos\theta_1+i\sin\theta_1)(\cos\theta_2-i\sin\theta_2)\\[5pt] &=\frac{r_1}{r_2}\cdot\{(\cos\theta_1\cos\theta_2+\sin\theta_1\sin\theta_2)\\ &\hspace{20mm}+i(\sin\theta_1\cos\theta_2-\cos\theta_1\sin\theta_2)\}\\[5pt] &=\frac{r_1}{r_2}\{\cos(\theta_1-\theta_2)+i\sin(\theta_1-\theta_2)\} \end{align*}\]

であるから,

\[\begin{align*} &\left|\frac{z_1}{z_2}\right|=\left|\frac{r_1}{r_2}\right|=\frac{|r_1|}{|r_2|}=\frac{|z_1|}{|z_2|}\\[5pt] &{\rm arg}\left(\frac{z_1}{z_2}\right)=\theta_1-\theta_2={\rm arg}\,z_1-{\rm arg}\,z_2 \end{align*}\]

まとめ\begin{align*}
|z_1z_2|&=|z_1|\,|z_2|\\
{\rm arg}\ (z_1z_2)&={\rm arg}\ z_1+{\rm arg}\ z_2\\
\\
\left|\frac{z_1}{z_2}\right|&=\frac{|z_1|}{|z_2|}\\
{\rm arg}\left(\frac{z_1}{z_2}\right)&={\rm arg}\ z_1-{\rm arg}\ z_2
\end{align*}


高校数学ノート

数学Ⅲ 第4章 複素平面

スライド↓       ノート↓
1.複素平面 無料        【ノート
2.複素数が表す図形 無料    【ノート
3.極形式             【ノート
4.ド・モアブルの定理       【ノート
5.複素数と図形          【ノート

※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.