例えば$x$についての等式があったとき,どんな$x$の値でも成り立つならばその式は恒等式と呼ばれます.一方,$x+1=5$といった式は$x=4$しか成り立ちません.このような式は方程式と呼ばれます.ここでは恒等式について,深く掘り下げていきます.

3.1 恒等式と方程式
スライド①
3.2 恒等式の性質スライド②
3.2 恒等式の性質(続き)スライド③

スライド① 恒等式と方程式


スライド② 恒等式の性質

スライド③ 恒等式の性質(続き)