これまで数といえば実数が最も大きな集合でしたが,ここではさらに数の概念を拡張します.
 実数は,2乗するとどんなものでも0以上になりました.しかしここで2乗して$-1$になる数を導入し,その数を$i$で表すのです.そして,$a,b$を実数として,$a+bi$なる数を考えます.これが複素数と呼ばれる数です.
 複素数に加減乗除を定義します.
 また,$i$を用いることで,負の数の平方根も考えられるようになりました.

高校数学ノート

数学Ⅱ 第2章 複素数と方程式

スライド↓       ノート↓
1. 複素数 無料         【ノート
2. 2次方程式の解と判別式 無料 【ノート
3. 解と係数の関係         【ノート
4. 剰余の定理・因数定理      【ノート
5. 高次方程式           【ノート

1.1 複素数
スライド①
1.2 複素数の四則計算スライド②
1.3 負の数の平方根スライド③

スライド① 複素数


スライド② 複素数の四則計算


スライド③ 負の数の平方根