円と直線の位置関係は,①2点で交わる,②接する,③共有点をもたない,の3つがありますが,それらを2次方程式の判別式からのアプローチと,中心と直線の距離からのアプローチを確認します.
 次に円の接線の方程式を確認します.基本は,原点を中心とする円の周上における店の接線の方程式ですが,そこから任意の点を中心とする円の周上の点における接線を考えます.
 更に,円周上にはない点を通る円の接線の方程式の導き方も考えていきます.
 この節の最後に,2円の交点を通る図形の方程式を見ます.

高校数学ノート[総目次]

数学Ⅱ 第3章 図形と方程式

スライド↓     ノート↓
1. 座標平面上の点 無料   【ノート
2. 直線の方程式 無料    【ノート
3. 円の方程式         【ノート
4. 円と直線          【ノート
5. 軌跡と方程式        【ノート
6. 不等式と領域        【ノート

※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.

4.円と直線

4.1 円と直線の位置関係 スライド①
4.2 円の接線の方程式 スライド②
4.2  円の接線の方程式(続き) スライド③
4.2 円の接線の方程式(続き)
4.3 2円の交点を通る図形
スライド④
4.3 2円の交点を通る図形(続き) スライド⑤

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら