不等式の表す領域について,一般の曲線や円のケースを確認していきます.
 次に実用面でも重要な線形計画法を見ます.
 この節の最後に,不等式の表す領域と命題との関連を学びます.

6.1 不等式の表す領域 スライド①
6.2 円の内部・外部
6.3 線形計画法
スライド②
6.4 命題と領域 スライド③

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら