試行と事象,及び事象と集合との対応を確認します.そして,すべての事象が同様に確からしいという場合の確率の定義を導入します.確率と面積との対応を最後に触れておきます.これはのちに条件付き確率を考える際の理解に役立ちます.

1.1 試行と事象
1.2 確率
スライド①

スライド① 試行と事象,確率