ある事象が起こったという条件の下,別の事象が起こるといった確率は,条件付き確率と呼ばれています.この確率はどのように定義されているのかを確認します.
 条件付き確率は最初とっつきにくく感じるかもしれませんが,面積と関連付けておくと,理解が深まります.
 最後に,条件付き確率の定義式を変形して得られる確率の乗法定理を確認します.

高校数学ノート

数学A 第2章 確率

  スライド ノート
1. 事象と確率 [無料]  
2. 確率の基本性質 [無料]  
3. 独立な試行の確率 [会員]  
4. 反復試行の確率 [会員]  
5. 条件付き確率 [会員]  

5.1 条件付き確率
5.2 確率の乗法定理
スライド①

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
ご利用案内はこちら