このページにある内容は,こちらのスライドでわかり易く説明しています.

高校数学ノート[総目次]

数学A 第1章 場合の数

スライド↓     ノート↓
1. 集合 無料       【ノート
2. 場合の数 無料     【ノート
3. 順列           【ノート
4. 円順列・重複順列     【ノート
5. 組合せ          【ノート
6. 二項定理         【ノート

※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.

2.場合の数

2.1 樹形図

 1,2,3を1度ずつ用いて3桁の数は何通りできるか.

2.2 和の法則

 さいころ1回投げ

 事柄A:2以下の目が出る.→1と2の2通り.
 事柄B:4以上の目が出る.→4,5,6の3通り.

 AまたはBが起こるのは,1,2,4,5,6 の5通りである.

 ところで,AとBは同時には起こらない.(さいころを1回投げたとき,2以下の目が出て,かつ4以上の目も出る,つまり,2つの目が同時に出るということはない.)
 このとき,AまたはBが起こる場合は, \[2+3=5(\mbox{通り})\] という具合に計算できる.

 一般に次が成り立つ:

和の法則 事柄$A,B$は同時に起こらないとする. $A$の起こり方が $m$ 通り,$B$の起こり方が $n$ 通りあるとき,$A$または$B$の起こる場合は\[m+n\ \mbox{通り}\]

注意

2.3 積の法則

 大小2つのさいころを同時に1回投げる.

 事柄A:さいころ(大)の目が3以下→1,2,3の3通り
 事柄B:さいころ(小)の目が5以上→5,6の2通り

 AとBがともに起こる場合は,右の樹形図より6通り.

 ところで,Aが起こるどの場合でも,Bの起こる場合は5か6の2通りである.
 このときAとBがともに起こる場合は, \[3\times2=6(\mbox{通り})\] といった具合に計算できる.

 一般に次が成り立つ:

積の法則 事柄Aが起こる場合が $m$ 通り,その各々の場合に事柄Bが起こる場合が $n$ 通りあるとき,AとBがともに起こる場合は,\[mn\ \mbox{通り}\]


高校数学ノート[総目次]

数学A 第1章 場合の数

スライド↓     ノート↓
1. 集合 無料       【ノート
2. 場合の数 無料     【ノート
3. 順列           【ノート
4. 円順列・重複順列     【ノート
5. 組合せ          【ノート
6. 二項定理         【ノート

※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.