異なる$n$個のものから$r$個を選び,1列に並べる方法の総数を,アルファベットのPを用いて記号化します.Pは英語で順列を表すPermutationの頭文字です.
 特別な場合として,異なる$n$個のものを1列に並べる総数を$n!$で表します.

高校数学ノート

数学A 第1章 場合の数

  スライド ノート
1. 集合 [無料]  
2. 場合の数 [無料]  
3. 順列 [会員]  
4. 円順列・重複順列 [会員]  
5. 組合せ [会員]  
6. 二項定理 [会員]  

3.1 順列
3.2 階乗
スライド①

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら