$y$ 軸まわりの回転体の体積を計算する際に,強力な威力を発揮するのが「バウムクーヘン分割」という考え方をする積分法です.バウムクーヘン分割という言葉は東京出版の書籍で用いられ始めた印象的な用語です.例を用いて教科書的な考え方とバウムクーヘン分割を用いた考え方の2つを示します.
 また,何故そのような考え方で体積が計算できるのかの証明も行います.
 最後に,教科書的な考え方とバウムクーヘン分割との関係を説明します.