角度を360°より大きい角や,負の角にまで拡張します.これは一般角と呼ばれています.
 そののち,これまで慣れ親しんだ度数法という角度の表し方とは異なる,弧度法という新しい角度の表し方を導入します.弧度法は,これ以降の角の単位の中心となります.
 この節の最後に,扇形の弧の長さと面積を表す公式を確認します.

高校数学ノート[総目次]

数学Ⅱ 第4章 三角関数

スライド↓     ノート↓
1. 一般角と弧度法 無料   【ノート
2. 一般角の三角関数 無料  【ノート
3. 三角関数の性質 無料   【ノート
4. 三角関数のグラフ      【ノート
5. 三角関数の加法定理     【ノート
6. 三角関数の種々の公式    【ノート
7. 三角関数の合成       【ノート
8. 三角関数の応用       【ノート
※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.

1.一般角と弧度法

1.1 一般角
1.2 象限の角
1.3 弧度法
1.4 扇形の弧の長さ・面積
スライド①

スライド① 一般角,象限の角,弧度法,扇形の弧の長さ・面積