三角比を90°以上180°以下の角に拡張するため,三角比を定義し直します.その際,90度未満で直角三角形を用いていた定義が,そのまま内包され,90°以上ではその自然な拡張となるように定義します.
 次に,単位円によって拡張された三角比を確認します.この単位円による三角比の見方がとりわけ重要です.何故というに,三角比の値を目に見える形で捉えることができるからです.これ以降の三角比はこの単位円による考え方がメインとなります.
 続いて,0°から180°までの三角比がとりうる値の範囲,及び符号を確認します.
 180°-θの三角比を見たのち,三角比を含む等式の解法を学習します.
 これまでに出てきた三角比の相互関係は,0°以上180°以下の新しい三角比の定義の下でもそのまま成り立ちます.

高校数学ノート[総目次]

数学Ⅰ 第2章 三角比

1.正接,正弦,余弦 無料  【ノート
2.三角比の相互関係 無料  【ノート
3.三角比の拡張        【ノート
4.正弦定理          【ノート
5.余弦定理          【ノート
6.三角形の面積        【ノート

3.三角比の拡張

3.1 座標を用いた三角比の定義 スライド①
3.2 単位円における三角比 スライド②
3.3 180° – θ の三角比 スライド③
3.4 等式を満たす θ スライド④
3.5 三角比の相互関係 スライド⑤

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら