三角形において,2辺の長さとその間の角の正弦(sin)の値がわかると,三角形の面積が計算できます.まず,その公式を確認していきます.
 次に,三角形の3辺の長さがわかっている場合も面積を求める公式(ヘロンの公式)があります.この公式は,直前に確認した公式から導くことができます.
 最後に,三角比の応用として,三角形の面積を利用した典型例題を2つ確認します.

高校数学ノート[総目次]

数学Ⅰ 第2章 三角比

1.正接,正弦,余弦 無料  【ノート
2.三角比の相互関係 無料  【ノート
3.三角比の拡張        【ノート
4.正弦定理          【ノート
5.余弦定理          【ノート
6.三角形の面積        【ノート

6.三角形の面積

6.1 三角形の面積
6.2 ヘロンの公式
スライド①
6.3 三角比の応用 スライド②

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら