極大・極小は数学Ⅱでも学びました.ここでは更に掘り下げて,極値であるための必要条件,十分条件を考えていきます.
 この節の最後に,分数関数の極値の簡単な計算方法を見ます.

高校数学ノート

数学Ⅲ 第2章 微分法

  スライド ノート
1. 微分係数と導関数 [無料]  
2. 合成関数の導関数 [無料]  
3. 逆関数の微分法 [無料]  
4. 三角関数の導関数 [会員]  
5. 対数関数・指数関数の導関数 [会員]  
6. 媒介変数表示と導関数 [会員]  
7. 陰関数の導関数 [会員]  
8. 平均値の定理 [会員]  
9. 関数の値の変化 [会員]  
10. 関数の極大・極小 [会員]  
11. 関数のグラフ [会員]  

10.1 極大と極小
10.2 $f(a)$が極値であるための必要条件
スライド①
10.3 $f(a)$が極値であるための十分条件 スライド②
10.4 $\frac{f(x)}{g(x)}$の極値 スライド③

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
ご利用案内はこちら