関数の凹凸や変曲点について確認していきます.
 数学Ⅲでは微分できる関数が広がりましたから,グラフをかける関数もぐっと多くなります.その際しばしば登場するのが漸近線です.
 漸近線を細かく分類しそれぞれ求め方を見ていきます.
 この節の最後に,第2次導関数と極値の関係を述べます.

高校数学ノート

数学Ⅲ 第2章 微分法

  スライド ノート
1. 微分係数と導関数 [無料]  
2. 合成関数の導関数 [無料]  
3. 逆関数の微分法 [無料]  
4. 三角関数の導関数 [会員]  
5. 対数関数・指数関数の導関数 [会員]  
6. 媒介変数表示と導関数 [会員]  
7. 陰関数の導関数 [会員]  
8. 平均値の定理 [会員]  
9. 関数の値の変化 [会員]  
10. 関数の極大・極小 [会員]  
11. 関数のグラフ [会員]  

11.1 曲線の凹凸
11.2 変曲点
スライド①
11.3 漸近線の求め方 スライド②
11.3 漸近線の求め方(続き) スライド③
11.4 第2次導関数と極値 スライド④

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら