2次関数のグラフの移動を学習します.
 まず,どんな2次関数 $y=ax^2+bx+c$ のグラフも,$y=ax^2$ のグラフと合同であることを確認します.
 次に,任意に与えられた2次関数 $y=ax^2+bx+c$ のグラフについて,平行移動,線対称移動,点対称移動を見ます.
 それぞれにおいては,①頂点の移動とグラフの凸性を考える方法と,②グラフ上の任意の点が移動したあとの点を調べる方法の2パターンを考察します.

高校数学ノート

数学Ⅰ 第1章 2次関数

1. 2次関数のグラフ 無料     【ノート
2. 関数のグラフの移動 無料    【ノート
3. 2次関数の最大・最小 無料   【ノート
4. 2次関数の決定 無料      【ノート
5. 2次関数のグラフと方程式 無料 【ノート
6. 2次不等式とグラフ 無料    【ノート
7. 2次方程式の解の配置 無料   【ノート

2.1 放物線の合同
スライド①
2.1 放物線の合同(続き)スライド②
2.2 直線$x=p$ に関する対称移動
2.3 直線$y=q$ に関する対称移動
スライド③
2.4 原点に関する対称移動スライド④

スライド① 放物線の合同


スライド② 放物線の合同(続き)


スライド③ 直線$x=p,y=q$に関する対称移動


スライド④ 原点に関する対称移動