2次関数の最大・最小を学習します.
 ここで大切なのは,常にグラフをイメージしながら考えるということです.
 2次関数は実数全体で定義されています.まずこの定義域に制限がない場合の2次関数の最大・最小を2次の係数の正負で場合分けして把握しておきます.
 そして本題は定義域に制限がある場合です.2次関数のグラフが軸に関して対称であることから,軸が定義域に含まれるか,そうでないかを考えることになります.
 2次関数の最大・最小問題で典型的ともいえるのが,①定義域が一定でグラフが移動するケース,及び②グラフが固定され,定義域が動くケースの2つです.
 この節の最後に,2次関数の最大・最小を考える上での発展的な考え方を見ます.

高校数学ノート

数学Ⅰ 第1章 2次関数

1. 2次関数のグラフ 無料     【ノート
2. 関数のグラフの移動 無料    【ノート
3. 2次関数の最大・最小 無料   【ノート
4. 2次関数の決定 無料      【ノート
5. 2次関数のグラフと方程式 無料 【ノート
6. 2次不等式とグラフ 無料    【ノート
7. 2次方程式の解の配置 無料   【ノート

3.1 2次関数の最大・最小
スライド①
3.2 いくつかの例スライド②
3.2 いくつかの例(続き)スライド③

スライド① 2次関数の最大・最小


スライド② いくつかの例


スライド③ いくつかの例(続き)