まず,置換積分法(不定積分)の公式を2つ確認します.
 次に,$\frac{g'(x)}{g(x)}$の形の関数を置換積分法の公式に当てはめて考えます.

高校数学ノート

数学Ⅲ 第3章 積分法

  スライド ノート
1. 不定積分 [無料]  
2. 置換積分法(不定積分) [無料]  
3. 部分積分法(不定積分) [無料]  
4. 定積分とその性質 [会員]  
5. 置換積分法(定積分) [会員]  
6. 部分積分法(定積分) [会員]  
7. 定積分と微分法 [会員]  
8. 定積分と和の極限 [会員]  
9. 定積分と不等式 [会員]  
10. 定積分の応用(面積) [会員]  
11. 定積分の応用(体積) [会員]  
12. 定積分の応用(回転体の体積) [会員]  

2.置換積分法(不定積分)

2.1 $\displaystyle\int\!\!f(ax\!+\!b)dx$ の計算
スライド①
2.2 置換積分法スライド②
2.3 置換積分法の公式(I)スライド③
2.4 置換積分法の公式(II)スライド④
2.5 $\displaystyle\int\!\!\frac{g'(x)}{g(x)}dx$ の計算スライド⑤

スライド① $\displaystyle\int\!\!f(ax\!+\!b)dx$ の計算


スライド② 置換積分法


スライド③ 置換積分法の公式(Ⅰ)


スライド④ 置換積分法の公式(Ⅱ)


スライド⑤  $\displaystyle\int\!\!\frac{g'(x)}{g(x)}dx$ の計算