まず,置換積分法(不定積分)の公式を2つ確認します.
 次に,$\frac{g'(x)}{g(x)}$の形の関数を置換積分法の公式に当てはめて考えます.

高校数学ノート

数学Ⅲ 第3章 積分法

スライド↓        ノート↓
1.不定積分 無料           【ノート
2.置換積分法(不定積分) 無料    【ノート
3.部分積分法(不定積分) 無料    【ノート
4.定積分とその性質          【ノート
5.置換積分法(定積分)        【ノート
6.部分積分法(定積分)        【ノート
7.定積分と微分法           【ノート
8.定積分と和の極限          【ノート
9.定積分と不等式           【ノート
10. 定積分の応用(面積)       【ノート
11. 定積分の応用(体積)       【ノート
12. 定積分の応用(回転体の体積)   【ノート
※【ノート】はスライドの内容をまとめたものです.

2.置換積分法(不定積分)

2.1 $\displaystyle\int\!\!f(ax\!+\!b)dx$ の計算
スライド①
2.2 置換積分法スライド②
2.3 置換積分法の公式(I)スライド③
2.4 置換積分法の公式(II)スライド④
2.5 $\displaystyle\int\!\!\frac{g'(x)}{g(x)}dx$ の計算スライド⑤

スライド ①$\displaystyle\int\!\!f(ax\!+\!b)dx$ の計算


スライド② 置換積分法


スライド③ 置換積分法の公式(Ⅰ)


スライド④ 置換積分法の公式(Ⅱ)


スライド⑤  $\displaystyle\int\!\!\frac{g'(x)}{g(x)}dx$ の計算