微分係数は「$x=a$における微分係数」といったように,各$x$の値毎に定められる量です.$x=a$における微分係数は$a$の関数となります.そこで文字を$a$から$x$に変えた関数を,元の関数の導関数といい,導関数を求めることを「微分する」といいます.
 まず,$x^n$の導関数の公式を確認しますが,この公式が微分におけるもっとも基本的な公式となります.
 次に,一般の関数の導関数において成り立つ性質を確認します.

高校数学ノート

数学Ⅱ 第6章 微分法・積分法

1. 微分係数 無料       【ノート
2. 導関数 無料        【ノート
3. 接線             【ノート
4. 関数の値の変化        【ノート
5. 極大・極小          【ノート
6. 関数のグラフと方程式・不等式 【ノート

7. 不定積分 無料       【ノート
8. 定積分            【ノート
9. 様々な定積分         【ノート
10. 面積            【ノート

2.1 導関数
スライド①
2.2 $x^n$の導関数
2.3 導関数の性質
スライド②

スライド① 導関数


スライド② $x^n$の導関数,導関数の性質