微分係数は「$x=a$ における微分係数」といったように,各 $x$ の値毎に定められる量です.$x=a$ における微分係数は $a$ の関数となります.そこで文字を $a$ から $x$ に変えた関数を,元の関数の導関数といい,導関数を求めることを「微分する」といいます.
 まず,$x^n$ の導関数の公式を確認しますが,この公式が微分におけるもっとも基本的な公式となります.
 次に,一般の関数の導関数において成り立つ性質を確認します.

高校数学ノート

数学Ⅱ 第6章 微分法・積分法

  スライド ノート
1. 微分係数 [無料]  
2. 導関数 [無料]  
3. 接線 [会員]  
4. 関数の値の変化 [会員]  
5. 極大・極小 [会員]  
6. 関数のグラフと方程式・不等式 [会員]  
7. 不定積分 [無料]  
8. 定積分 [会員]  
9. 様々な定積分 [会員]  
10. 面積 [会員]  
2.1 導関数
スライド①
2.2 $x^n$の導関数
2.3 導関数の性質
スライド②

スライド① 導関数


スライド② $x^n$の導関数,導関数の性質