このページにある内容は,こちらのスライド(会員向け)でわかり易く説明しています.

高校数学ノート

数学Ⅱ 第6章 微分法・積分法

1. 微分係数 無料       【ノート
2. 導関数 無料        【ノート
3. 接線             【ノート
4. 関数の値の変化        【ノート
5. 極大・極小          【ノート
6. 関数のグラフと方程式・不等式 【ノート

7. 不定積分 無料       【ノート
8. 定積分            【ノート
9. 様々な定積分         【ノート
10. 面積            【ノート

5. 極大・極小

5.1 極大・極小

5.2 導関数と極大・極小

極値と微分係数\[f(a)\mbox{が極値}\Rightarrow f'(a)\!=\!0\]

注意

例1 関数$y=-x^3+3x$の極値を求め,グラフをかけ.

例2 関数$y\!=\!x^3\!-\!3x^2\!-\!6x\!+\!5$の極値は?

5.3 最大・最小

例1 関数$y=-x^3+3x^2-20\ (-2\leqq x\leqq 1)$の最大値と最小値は?

例2 関数$f(x)\!=\!x^3\!-\!6x^2\!+\!9x\!-\!3$について,$0\!\leqq\! x\!\leqq\! a\ (a$は正の定数)のときの,$f(x)$の最大値は?

補足


高校数学ノート

数学Ⅱ 第6章 微分法・積分法

1. 微分係数 無料       【ノート
2. 導関数 無料        【ノート
3. 接線             【ノート
4. 関数の値の変化        【ノート
5. 極大・極小          【ノート
6. 関数のグラフと方程式・不等式 【ノート

7. 不定積分 無料       【ノート
8. 定積分            【ノート
9. 様々な定積分         【ノート
10. 面積            【ノート