ここでは定積分を,不定積分の2つの値の差として定義します.
 定積分には,不定積分がもつ性質がある上に,不定積分にはなかった積分区間に関するいくつかの性質があります.
 応用例として,定積分を含む関数の取り扱いを確認します.
 最後に積分と微分との関係を述べます.歴史的にはこの関係により微分と積分は一体となったのです.

高校数学ノート

数学Ⅱ 第6章 微分法・積分法

  スライド ノート
1. 微分係数 [無料]  
2. 導関数 [無料]  
3. 接線 [会員]  
4. 関数の値の変化 [会員]  
5. 極大・極小 [会員]  
6. 関数のグラフと方程式・不等式 [会員]  

7. 不定積分 [無料]  
8. 定積分 [会員]  
9. 様々な定積分 [会員]  
10. 面積 [会員]  

8.1 定積分 スライド①
8.2 定積分の性質 スライド②
8.3 定積分を含む関数 スライド③
8.4 定積分と微分法 スライド④

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら