円と2直線に関する定理として,方べきの定理と呼ばれるものがあり,円と直線を絡めた問題ではしばしばこの定理を使って線分の長さを計算します.また,この定理も逆命題が成り立ち,「方べきの定理の逆」と呼ばれています.ここではこれらの定理の証明を丁寧に説明していきます.

高校数学ノート[総目次]

数学A 第3章 図形の性質

  スライド ノート
1. チェバの定理 [無料]  
2. メネラウスの定理 [無料]  
3. チェバの定理の逆 [無料]  
4. メネラウスの定理の逆 [会員]  
5. 円に内接する四角形 [会員]  
6. 接弦定理とその逆 [会員]  
7. 方べきの定理とその逆 [会員]  
8. 三角形の五心    
  重心    
  外心    
  垂心    
  内心    
  傍心    


中学校の範囲

1. 円周角の定理    【ノート
2. 円周角の定理の逆  【ノート

7.1 方べきの定理 スライド①
7.1 方べきの定理(続き) スライド②
7.2 方べきの定理の逆 スライド③
7.2 方べきの定理の逆(続き) スライド④

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら