一般型の隣接2項間漸化式によって定まる数列の一般項は,決まった形をしています.そのことを逆手に取った上手い漸化式の解法を見ていきます.
 また,分数の形をした漸化式についても,一般項を求める方法を確認していきます.

10.1 一般型の発展的な考え方 スライド①
10.2 分数型$\left(a_{n+1}\!=\!\dfrac{pa_n+q}{ra_n+s}\right)$ スライド②

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら