各項間の関係を表した等式を漸化式といいます.ここではまず隣接した2項間の漸化式について見ていきます.
 いくつかのパターンがありますが,いずれも与えられた漸化式から数列の一般項を求めることが目標です.

高校数学ノート

数学B 第2章 数列

  スライド ノート
1. 等差数列 [無料]  
2. 等比数列 [無料]  
3. Σ(シグマ)と和の公式 [無料]  
4. 階差数列 [会員]  
5. 数列の和と一般項 [会員]  
6. $a_n=b_n-b_{n-1}$ 型の和 [会員]  
7. (等差)×(等比)の和 [会員]  
8. 群数列 [会員]  
9. 隣接2項間漸化式(その1) [会員]  
10. 隣接2項間漸化式(その2) [会員]  
11. 隣接3項間漸化式 [会員]  

9.1 漸化式とは
9.2 階差数列型($a_{n+1}\!-\!a_n\!=\!f(n)$)
スライド①
9.3 等比数列型($a_{n+1}\!=\!ra_n$)
9.4 一般型($a_{n+1}\!=\!pa_n\!+\!q$)
スライド②

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら