各項が分数になっている数列の和は,一般に求めづらいのですが,部分分数分解と呼ばれる変形を行うことができる場合は,いとも簡単にその和が計算できてしまいます.
 部分分数分解で上手く計算できる理由は,数列の一般項が別の数列の差の形(階差数列)で表されているからです.一般項が分数の形をしていない数列においても,差の形に変形できる数列は,その和が部分分数分解同様素早く計算できます.

高校数学ノート

数学B 第2章 数列

  スライド ノート
1. 等差数列 [無料]  
2. 等比数列 [無料]  
3. Σ(シグマ)と和の公式 [無料]  
4. 階差数列 [会員]  
5. 数列の和と一般項 [会員]  
6. $a_n=b_n-b_{n-1}$ 型の和 [会員]  
7. (等差)×(等比)の和 [会員]  
8. 群数列 [会員]  
9. 隣接2項間漸化式(その1) [会員]  
10. 隣接2項間漸化式(その2) [会員]  
11. 隣接3項間漸化式 [会員]  

6.1 部分分数分解 スライド①
6.2 $a_n=b_n-b_{n-1}$型の和 スライド②

ここから先のコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら