等差数列と等比数列の各項を掛けてできる数列の和の問題がしばしば登場します.基本的な対処法は,等比数列の和の公式を求めた際の考え方と同じです.

7.1 (等差)$\times$(等比)の和の求め方 スライド①

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら