数列の差をとって得られる新しい数列を,元の数列の階差数列といいます.
 階差数列の一般項がわかれば,元の数列の一般項も計算できます.

4.1 階差数列とは
4.2 階差数列と一般項
スライド①
4.3 階差数列の例題 スライド②

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら