平面上のすべてのベクトルの始点を特定の1点にしておくと,点の位置とベクトルの終点が1対1に対応します.このように,平面上の位置を表すベクトルを位置ベクトルといいます.
 点の位置をベクトルで表せるようになりましたから,線分の内分点や外分点もベクトルを用いて表すことができます.三角形の重心の位置ベクトルも確認します.

5.1 位置ベクトルとは?
5.2 分点の位置ベクトル
スライド①

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら