このページにある内容は,こちらのスライドでわかり易く説明しています.

7.平面ベクトルの応用

7.1 線分上の点の存在範囲

まとめ\begin{align*} \mbox{点P が線分AB上 }\iff &\overrightarrow{\rm{OP}}=s\overrightarrow{\rm{OA}}+t\overrightarrow{\rm{OB}} \\[5pt] &(s+t=1,\ s\geqq 0,\ t\geqq 0) \end{align*}

7.2 三角形の内部を表すベクトル

△OABにおいて,$\overrightarrow{\rm{OP}}\!=\!s\overrightarrow{\rm{OA}}\!+\!t\overrightarrow{\rm{OB}}\ (s+t\leqq\frac12,\ s\geqq 0,\ t\geqq 0)$を満たす点Pは,どのような図形上にあるか.

7.3 2直線の交点を表すベクトル(3つの解法)

例題 △ABCにおいて,辺ABを$2:1$に内分する点をD,辺ACの中点をEとし,BE,CDの交点をPとするとき,$\overrightarrow{\rm{AP}}$を$\overrightarrow{\rm{AB}},\ \overrightarrow{\rm{AC}}$で表せ.