線分上の点の存在範囲を,直線のベクトル方程式を用いて考えます.
 これを基礎として,三角形の(周および)内部を表すベクトルを見ます.
 また,2直線の交点を表すベクトルを求める問題について,3つの解法を確認します.

7.1 線分上の点の存在範囲 スライド①
7.2 三角形の内部を表すベクトル スライド②
7.3 2直線の交点を表すベクトル(3つの解法) スライド③

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインして下さい。ログイン
会員登録はこちら